Topへ戻る
目次に戻る

直流モーター駆動の蓄音機ターンテーブル * 蓄音機のターンテーブルが入院してきました。 モーターを開けてびっくり なんと直流モーターでした。 * エジソンが蓄音機を発明したのが1878年 ニューヨークで直流送電が始まったのは1882年 円盤の「SPレコード(78rpm record)ができたのは1887年 交流送電の実験が成功したのは1891年 そして 増幅性能のある真空管が発売されたのは1906年 * この直流モーターの蓄音機は、真空管登場以前の品物と考えられます *


ターンテーブルの正面


モーターの全体
鎖でつながっているのは速度調節用のガバナ


交流、直流どちらでもOKのモーターは、整流子とブラシが付いています


回転速度を78rpmに保つのは、ガバナの遠心力を利用して
モーターの電源を入り切りして行います

当然ながら火花が出、雑音の発生源となるので、真空管式の蓄音機には使えないでしょう。